【ブラウンダスト】テミス考察

傭兵名:啓示の聖騎士 テミス
CV:近藤佳奈子
タイプ:支援型
ランク:★5

 みんなの考察まとめ

↑ストロングポイント↑
・耐久パで採用されると非常に厄介
・バフ範囲が自分中心で個性的(配置や攻撃順に左右されない)

↓ウィークポイント↓
・残りのオクトと相性が悪い
・+9までカウンターが6ターンしかない
・ステ強化スキルしか封印できない為、追撃や火力の高いキャラに負ける

テミスに最適だと思うルーンは?(2つまで)

View Results

Loading ... Loading ...

 新キャラテミスについて考察を投稿してください!

『【ブラウンダスト】テミス考察』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2019/01/23(水) 21:17:03 ID:0e935cac1 返信

    耐久パーティーに採用すると非常に厄介らしいが残りのオクトが来るまでの短い命である、かもしれないw
    観賞用に一体は確保するけど!

  2. 名前:匿名 投稿日:2019/01/26(土) 13:28:13 ID:5b6952dee 返信

    自分を中心としたバフが個性的。
    配置や攻撃順に左右されないため運用しやすいのかな?

  3. 名前:匿名 投稿日:2019/02/01(金) 01:49:59 ID:9bb38bfbd 返信

    使ってみたんですが、+9まではカウンターが6ターンまでで短く使いにくい感じです。+10は8ターンでまぁまぁです。さらにステータス強化スキルだけしか封印できないので追撃スキルをもつ火力が高いキャラには負けますね。

  4. 名前:はいさい 投稿日:2019/02/05(火) 18:03:51 ID:3d2aa0681 返信

    【よいところ】
    ・ステ強化をカウンターを付与し、相手の強化を封印できる。これによって相手は支援効果を得られない為、支援前提のキャラの活躍を封じることが可能。
    ・上記を対策することができるのは、攻撃前の無効化か反撃無効化しかないため、対策されずらいのもよい。
    ・スキル心眼によってターゲットを自分にするため、配置にこだわることなく周囲のキャラを支援できる。 
    ・ルーンは、自身の耐久が重要であり、攻撃は役目ではない為、血気や鉄壁のルーンを積んで自身の耐久性を強化するのがよい。
    【わるいところ】
    ・持続ターンが8ターンと短すぎる。
    ・レピテアや骸骨婆の支援は対象外であること。
    ・韓国でオクト第2弾が実装後、使用率が5%に低下したことから、残りのオクトと非常に相性が悪いと思われる。
    【結論】
    ・性能重視の育成をするかたは優先して育てるべきではない。

    • 名前:browndustlobo 投稿日:2019/02/05(火) 18:07:50 ID:3d2aa0681 返信

      ★2019.1最優秀★

  5. 名前:匿名 投稿日:2019/03/24(日) 03:51:09 ID:7737a1253 返信

    テミス×アロンで相打ちなるがテミスさえ発動しておけばレビィア、ベルフェロン倒せるので使い方次第で化けますよ。